ノアを限界まで値引きさせる方法

ノアを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、ノアを底値で買う方法を紹介します。

 

これを実践しないのと、数十万円損することになります。
知らないって怖い事です。
簡単なので是非実践しましょう!

 

1.購入時期に気をつける

ディーラーが販売台数を増やしたいと思う時期に購入するのが基本です。

 

年末年始…そこそこ値引きできます
夏冬のボーナス時期…まぁまぁ値引きできます
年度末…かなり値引きできます

 

なので、ノアを最も値引きできる時期は年度末の3月ということです。
と言っても、時期による値引き額の差はそれほど大きくないので、絶対に3月でないとダメということはありません。

 

 

2.複数のディーラーで見積もりをとる

これも車を安く買うための基本的なテクニックです。
複数のディーラーで見積もりを出してもらい、値引き額を競わせます。

 

この時、下取りアリ下取りナシの両方の見積もりを出してもらいましょう。

 

さて、見積もりが出たら値引き交渉の開始です。

 

ココでのポイントは、他社の競合車と競わせることです。

 

例えばノアを購入したい場合、
日産 セレナ、ホンダのステップワゴンなどと競わせます。

 

ノアの値引き額が20万円だとしたら
「日産では30万円値引きしてくれたんですけどね・・・」
という感じで、営業マンに値引き額を大きくさせます。

 

これだけでも結構な値引が期待できます。
ディーラー側もせっかく購入を検討しているお客さんを逃したくはありません。

 

1回目の商談では
「予算に限りがあるので、一番安いところで買いたい」と伝えて、一旦帰宅します。
1回目の来店で購入を決定してはいけません。

 

 

3.好条件のぶつけ合いをする

複数のディーラーと交渉したら、現時点での可能な限りの値引き額を提示してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。そうして出た条件を再度ノアにぶつけて、値引きを引き出します。

 

基本は、どこか1つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつける、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言うような条件のぶつけ合いです。そうして、限界付近の値引き額を引き出します。

 

そして、最後はハンコを武器に最後の交渉です。

 

「総額○○万円になったら契約します」
「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」
などと言って、目標よりも多少無理目の金額を要求してみます。

 

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、何らかの妥協案が出てきた場合は、
「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」
「ボディコーティングをサービスしてください」
などと、数万円程度の無料サービスを要求すると良いでしょう。

 

ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれます。

 

 

4.下取り車を限界まで高く売る

多くのディーラーはある営業テクニックを使ってきます。
それは、下取り金額を安くして値引き額を高くみせる方法です。

 

こんな感じです。(デ:ディーラー、客:お客さん)

デ「20万円値引きします」
客「もっと値引きしてよ」
デ「30万円まで頑張ります!」
客「やった!じゃあ下取りもお願い」
デ「下取りは10万円ですね」
客「かなり古いのに10万円出るんですね。ラッキー!」
デ「では契約を。」

 

一見、お客さんは得したように見えますが、営業マンの心の声を聞くと・・・

デ「20万円値引きします(たぶん下取りは50万だな)
客「もっと値引きしてよ」
デ「30万円まで頑張ります!(下取り分から持ってこよう)
客「やった!じゃあ下取りもお願い」
デ「下取りは10万円ですね」
客「かなり古いのに10万円出るんですね。ラッキー!」
デ「では契約を。(うまくいったww)

 

値引き額がスゴイからと言って得した気分になりますが、
実は損しているということが起きたりします。

 

ディーラーは下取りした車がどのくらいで売れるのかを知っています。
なので、できるだけ安く下取りして高く売れればかなりの利益を得られるわけです。

 

実際に愛車の価値が50万円もあるのに10万円で下取りされたりします。

 

ひどいですね。
自分の車の価格を知らない人は40万円も損をしています。

 

ちなみにその40万円は営業の財布を潤してくれます。そういうものなのです。買おうとしている車の値引き額は調べても、自分の車の値段を調べない人が意外と多いので、その隙をついた巧妙な手口なのです。

 

 

では、どうしたらいいのか。
答えは簡単です。
下取りに出す車をディーラー以外のところで査定してもらえばいいんです!

 

 

高く買い取ってくれる業者を見つけよう

「自分の車はもう型も古いし走行距離も走っちゃってるから全然高く売れないよ」という人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

 

かくいう私も10年落ちの走行14万キロ越えのノアを査定に出してみたのですが、まさかの50万円の査定結果が出ました。自分でもびっくりです。

 

そういうこともあるのでまだ自分の車を査定していない人は必ず査定に出しましょう。ガリバーでもアップルでもどこでもいいです。オススメなのは2社以上に見てもらうこと。

 

営業テクニックに惑わされない為にも愛車の相場を事前に調べておくのが無難です。

 

でも何ヶ所も買取業者を回るのは、面倒ですよね。
そこで、紹介したいのが、無料で使える「かんたん車査定ガイド」です。

 

「かんたん車査定ガイド」は複数の買取業者から一括で愛車の金額を調べることができます。無料ですぐに金額がわかるので是非チェックしてみてください。

 

こんな感じですぐに金額がわかります。
ノアの値引きを限界まで ※ とっておきの購入術を教えます

 

かんたん車査定ガイドへ

 

 

 

クルマ一括査定Q&A

一括査定ってお金かからないの?

無料です。私も最初、査定だけ無料で、買い取りのときに手数料がかかるのかなって思っていたのですが、査定から買取まで、まったく手数料はかかりませんでした。

クルマ買取業者って怪しいところはいないの?

ガリバーやアップルなど、大手ばかりだから安心です。もし心配なら、最高額じゃなくても聞いたことがある会社に売ればOKです。

一括査定したら絶対に売らないといけないの?

全然そんなことはありません。買取額に納得がいかなければ、断ればOKです。

一括査定に申し込むとどうなるの?

買取業者から電話やメールが来ます。電話に出られない時は「メールで連絡ください」と言えばOKです。

どうして、ディーラーとクルマ買取業者ではそんなに金額が違うの?

クルマ買取業者は、買い取ったクルマを高く売るネットワークを持っているからです。最近では、アジアや中東、アフリカなどの発展途上国での日本車の人気が高く、10年10万キロを超えたクルマでも100万円を超える金額で売れるみたいです。一方、ディーラーはそういうネットワークがあまりないので、高く下取りできません。決して怪しい理由じゃないんですね。

 

ということで、まとめです。

まずは、値引き交渉。ディーラーでの下取り価格も教えてもらう。
あとは、「かんたん車査定ガイド」で一括査定サービスを利用。
ディーラーの下取り価格が、 一括査定の最高金額より高いってことはないんじゃないかと思います。

 

かんたん車査定ガイドへ

 

 

とっておきの購入術

実は私40歳にして、5回も車を乗り換えているんですよ。
なので値引き交渉はもうベテランです!

 

しかし人見知りの方や口下手で値引き交渉が苦手な方もいるかと思いますので、今回特別に私のとっておきの購入方法を公開したいと思います。

 

この方法はやる人が増えるとライバルが多くなりますので内緒にしてくださいね(笑)
それでは早速ご説明させていただきます♪

 

先ほどご説明した「かんたん車査定」と同じ会社が運営する「なびくる」というところがあります。

 

なびくるは欲しい車の情報を入力するだけで一般では公開されていない車 およそ60万台の中から欲しい車を探せるサービスです。

 

なびくるは中古車販売がメインなのですが、実は店舗の展示車両や未使用車といった車の在庫もあるんです!

 

登録ページの備考欄に「展示車両や未使用車希望」と入力すれば、完全な新車ではないですが、新車に近い車を格安で購入することができるんですよ。

 

こんな感じです↓
ノアの値引きを限界まで ※ とっておきの購入術を教えます
新車を買うよりもかなり格安で購入できるのでオススメです。

 

しかし先ほども言ったようにこの方法を使う人が増えると、なかなか手に入り辛くなるので周りには内緒にしておいてくださいね(笑)

 

「なびくる」はこちら